そもそも株とはどんなものなのでしょうか

このエントリーをはてなブックマークに追加
企業がビジネスを始めるには沢山の資金が必要となります。
このたくさんの資金をあらかじめ用意できれば何も問題はないのですが、多くの場合そのように上手くはいきません。それでは、足りない資金はどうすればよいのでしょうか。

答えは企業は銀行からお金を借り入れしたり、自社の株式を発行して、それを投資家に買ってもらうことで資金を調達します。このように株は会社がビジネスを展開するために必要な資金を集める一つの手法なのです。

例えば会社を始めるのに2,000万円必要だとします。
仮に1株100万円の株券を20人に買ってもらえれば、集まったお金を元手にして会社を始めることができるわけです。
つまり株式を購入するということは、株式を買った分だけ会社のオーナーになるということになります。

また、企業は自分のビジネスが成長したら、その見返りとして配当金を出したりします。
配当金とは、企業や主催者の利益の一部を分配金としてもらえるお金です。株以外にも配当金という言葉は使われますが株式においては、所有している株式数に応じて無償でもらえる報酬のことを指し、企業の売上げを分配金として受け取ることができます。単に配当とも呼ばれたりもします。またその企業が利益を上げ成長すれば株価は上昇します。
株価が上昇した時に株を売れば、その差額を利益として得ることができます。

また、反対にもし企業のビジネスがうまくいかなくて倒産してしまっても、会社は出資金を返却する義務は負いません。
ということは株主にとっては株を購入したお金は返ってこないということにもなります。

Copyright (C)2017株のしくみから始め方、実践編も公開!【株式投資をはじめよう】.All rights reserved.

カテゴリ

  1. 株式投資の基礎知識
  2. いざ挑戦!株式投資実践偏
  3. 会社を知るには四季報を読もう
  4. 初心者が気をつけたい注意点

ページリスト

  1. そもそも株とはどんなものなのでしょうか
  2. 株はどのような人が買っているのでしょうか?
  3. 株の取引はどこで行われているのでしょう
  4. 日本国内の証券取引所の一覧をご紹介
  5. 株は24時間いつでも売買できるわけではありません
  6. どうして株式投資をして、利益が出る場合が出てくるのでしょうか
  7. 株式投資にはメリットもたくさんありますが、リスクも伴います
  8. 余裕資金で無理のない金額から投資スタートを
  9. 株式投資の始め方、手順とは