株はどのような人が買っているのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
株を持っている人というと元々が資産家の人や富裕層の人達という印象もあるかと思いますが、最近ではインターネットの普及によりネットでの株式売買がオーソドックスになってきたので資産家でなくとも、普通のサラリーマンや主婦、また学生などその裾野は広がってきています。株を購入するには年齢制限や資格などの制限もないので、未成年の人でも買うことができます。
株を継続して取引をしている人を投資家と呼び、投資家には「機関投資家」と「個人投資家」に分かれます。
機関投資家とは株式の投資をビジネスとして行っている会社や団体を指し、証券会社や銀行、保険会社などの金融機関、ヘッジファンドや投資顧問会社などが機関投資家となります。
資産量がたくさんあるため、1回の取引で数十億単位のお金が動いたりするので、株価市場に大きい影響を与えます。
個人投資家とは、主婦やサラリーマン、学生などの個人の投資家のことです。多くの場合、資金量をそんなに多くはなく、90%以上の個人投資家は1000万円以下の資産で運用していると言われています。

日本の株は外国人投資家の方が多い

日本国内の株式は実60%以上が外国人投資家の所有となっていると言われています。ということは日本人投資家よりも外国人投資家の方が日本のマーケットで取引している人が多いということになります。
そのため、海外の景気などは日本の株価に直接的に関係してきます。
ですから、日本の株式投資には世界の経済状況も把握しておく必要があるのはこのためでもあります。

投資情報はココをチェック!関連リンク

Copyright (C)2017株のしくみから始め方、実践編も公開!【株式投資をはじめよう】.All rights reserved.

カテゴリ

  1. 株式投資の基礎知識
  2. いざ挑戦!株式投資実践偏
  3. 会社を知るには四季報を読もう
  4. 初心者が気をつけたい注意点

ページリスト

  1. そもそも株とはどんなものなのでしょうか
  2. 株はどのような人が買っているのでしょうか?
  3. 株の取引はどこで行われているのでしょう
  4. 日本国内の証券取引所の一覧をご紹介
  5. 株は24時間いつでも売買できるわけではありません
  6. どうして株式投資をして、利益が出る場合が出てくるのでしょうか
  7. 株式投資にはメリットもたくさんありますが、リスクも伴います
  8. 余裕資金で無理のない金額から投資スタートを
  9. 株式投資の始め方、手順とは