株は24時間いつでも売買できるわけではありません

このエントリーをはてなブックマークに追加
取引できる曜日も時間もきちんと決まっています。取引日ですが、株式市場は原則的に平日営業となっています。土・日・祝日はお休みとなっています。
さて、次に時間帯です。東京証券取引所の場合は午前中はAM9:00〜11:00、お昼休みを挟んで午後はPM12:30〜15:00の営業時間となっています。
株式の取引ができるのは午前中は2時間、午後は2時間30分となっていて、この間に業務が集中する証券マンの皆さんは大忙しなのがわかります。

また、株式取引の時間帯には専門用語も多いので、ここでご紹介します。午前中(9:00〜11:00)の中の取引を「前場(ぜんば)」、午後(12:30〜15:00)の間の取引を「後場(ごば))と言います。
あらゆる投資情報にもたくさん出てくる用語となるので、まずはしっかりと前場と後場は覚えておきましょう。

また、時間帯のうち、はじまりは「寄り」。終盤は「引け」と言います。
例えば、1日の始めの取引時間帯のことを「寄付(よりつき)」と言い、11時の売買は「前引け」と言います。
さらに、12:30の最初の売買を「後場寄り」と言い、最後の売買は「大引け」と言います。

また、立当時間中のことを「ザラ場」と呼びます。このザラ場とは「ざらにある時間」という言葉から来ているそうです。ちなみに株式市場は一般的に「寄り付き」直後の取引が一番活発になります。これは、前日中にあった注文を一気に決済するためで、寄り付き直後は株価の変動が激しいので、初心者は気をつけましょう。
なお、大証・名証・福証・札証は東証と時間が異なりますので、注意してください。

Copyright (C)2017株のしくみから始め方、実践編も公開!【株式投資をはじめよう】.All rights reserved.

カテゴリ

  1. 株式投資の基礎知識
  2. いざ挑戦!株式投資実践偏
  3. 会社を知るには四季報を読もう
  4. 初心者が気をつけたい注意点

ページリスト

  1. そもそも株とはどんなものなのでしょうか
  2. 株はどのような人が買っているのでしょうか?
  3. 株の取引はどこで行われているのでしょう
  4. 日本国内の証券取引所の一覧をご紹介
  5. 株は24時間いつでも売買できるわけではありません
  6. どうして株式投資をして、利益が出る場合が出てくるのでしょうか
  7. 株式投資にはメリットもたくさんありますが、リスクも伴います
  8. 余裕資金で無理のない金額から投資スタートを
  9. 株式投資の始め方、手順とは